男性読者のご意見・体験談

スイーツ食べ放題に行こうと女性を自然にデートに誘う方法

※31歳男性からの投稿。

女性をデートに誘う時に色々な口実があると思いますが、個人的によく使うのが「スイーツの食べ放題に行ってみたいんだけど、一緒に行きませんか?」という口説き文句です。

口説き文句といっても、別に食べ放題に行くのが2人きりでなくても構いません。友達と一緒でもいいので休日のプライベートな時間を好きな女性と一緒に過ごす機会を増やすという意味で、この「スイーツ食べ放題」はよく利用しています。

実際、僕は甘い物が大好きなのですが、やっぱり男だけではスイーツの食べ放題というのは入りづらいので女性がいてくれると助かると言うのは嘘ではありません。そこにほんの少し下心があるというだけです。この「嘘ではない」というのもポイントだと思います。

個人的な印象なのですが、女性は男性の嘘に敏感な気がしています。だから下心に気付かれると警戒されて良い結果にはなりません。でも、下心が0%では無いにしても、言葉の半分が本心であると意外と女性の警戒が解けるような気がするのです。そして、このやり方で今までお誘いを断られた事はありません。

僕自身はどちらかというと友人から「番長みたい」と言われる見た目なので別にイケメンという訳ではありません。話もそれほど上手では無いと思います。

それでも半分本心で半分下心のお誘いで女性をスイーツの食べ放題に誘って断られた事はないので、この心構えと口説き文句はそれなりに通用しているのではないかな?と思います。

まあ、もしかしたら番長みたいな外見とスイーツ食べ放題というギャップで面白がられているだけかもしれませんが。

女性にしてもスイーツ食べ放題というのは太りそうだし・・・という理由で恥ずかしがって普段なかなか行かないでいるようなので、食べ放題に行く口実が出来るという意味でも喜んでもらえるのかな?とも思います。

一度スイーツ食べ放題で心を許してもらえると、最初は友達同士の集まりだったりはしますが次はラーメン食べ歩きとか焼き肉とか、女性が行きにくい様なお店巡りに発展してそこから交流が深まったりもしていく可能性が十分にあります。

そんな訳で、個人的にはスイーツ食べ放題というのは女性をデートに誘う口実としてとてもお勧めします。2人きりでなくても良いので、一緒に美味しい物を食べに行く事から始めたらきっと新しいチャンスをつかめると思いますよ。

信頼関係ができる前から口説き出す男性は失敗しやすい

ガードが固い女性を口説くには信頼関係が大切

ガードが固い女性を口説くには、少しずつ信頼関係を構築していくのが重要。信頼関係とは一気に築けるものではなく、少しずつ作っていくもの。一気に距離を詰めようとすると相手に警戒されてしまいます。

ザイオンス効果をご存知でしょうか?

ザイオンス効果とは、同じ人や者に接触する回数が増えるごとに、その対象への好印象を持つようになる効果のことです。
これを保険の営業マンは利用していて、今スグ客でなくても、将来の顧客候補の家や勤務先に足繁く通います。そのうちに自然と信頼関係ができてきて、いざ保険が必要となったときには真っ先に契約が取れるという手法です。

恋愛関係においても、相手と頻繁に会話をする、あいさつをする、メールやラインをするといった風に、接触回数を少しずつ上げていくのが重要ですね。一気に信頼関係を得ようとするのではなく、ゆっくり着実に進めていきましょう。

信頼関係が得られるまでは無理に口説かない

信頼関係が構築できるまでは、無理に口説かないのが賢明。強引に口説こうとすると相手は身構えてしまうので逆効果です。特に男性不信・女性不信の相手なら尚のことですから、相手が心を許していると確信できるまでは引いておくのが大事。引いておくといっても、普通の挨拶や会話は頻繁に行いましょう。男として女としての牙をむくのは後にしましょうね。

信頼関係ができた後の口説き方

いきなり身も蓋もない事を言いますが、信頼関係ができた後なら、ぶっちゃけ口説き方は何でもいいのです。

テンプレ通りの口説き文句ではなく、自分の言葉で『私は貴女に好意があります』って事を伝えさえすれば何でも良いと思います。
で、上手くいかない人は何がダメなのかと言うと、個人的には『口説ける状態になってない時に口説いている』からだと思うんですね。
例えば、ターゲットの女性から見て、貴方の第一印刷が芳しくない状況で、いきなり口説き始めたら、それはもう嫌悪感しか残りません。

これは、その女性を良く見ていない事に他ならず、一方的に好意を押し付けてる以外の何者でもありません。
基本、人間は誰かに自分を分かってもらいたい生き物です。

特に女性は感情を理解、共有して欲しいので、このような自分の事を一切、見ようとも知ろうともせずに接してくる異性に嫌悪感を抱くものだと思います。
なので、本当にお近づきになりたい女性に対しては、早る気持ちを抑えて、まずはシッカリその女性を観察(リアクション等)して、ある程度の信頼を得て、それから口説ける状態に持って行くようにした方が良いかと思います。

私の経験上、上手くいかないと嘆かれる男性の殆どは、この準備段階をすっ飛ばしてる事が多いです。
口説き方以前の問題なんです。
ビジネスでもそうですが、信頼関係が成立してないのに、いきなり商談に入って上手くいく事はないですよね?(まぁ、中には稀に成立するときもあるでしょうが)

まずは、自分と言う商品を信頼してもらう事から始めましょう。
相手が、聞く耳を持ってくれるようになるまで、真摯に誠実に自分をアピールしましょう。
そのアピールの段階で、相手を良く見て、好意的な反応を示した部分を膨らませていけば、自ずと口説ける状態は出来上がってきます。

なお、自分をアピールする事に没頭しすぎて、相手の反応を逃してしまわないよう心掛けてください。
もっと言えば、自分をアピールするのは二の次で、一番優先すべきなのは、女性の心の機微なのです。
自分の感情の吐露ではなく、その女性の感情を優先する事なのです。

乱暴な言い方ですが、要は『気を使え』って事です。
長くなりましたが、私の考える口説きの最重要ポイントは『相手に敬意を払う』と言うことです。
駄文、失礼しました。

清楚系でモテそうなのに26年間彼氏がいない女性の性格

※読者投稿

この前友人から、ちょっと変わった恋愛観についての話を聞きました。

友人は一般企業で事務の仕事をしている、清楚な雰囲気の子です。顔は、正直に言って相当可愛いです。学生時代はすごく人気があって、告白もしょっちゅうされていました。(これは本当なのかただの噂なのかわかりませんが)彼女のファンクラブが存在していた、なんて話も聞いたことがあります。今は勤め先が違うこともあり、詳しいことまではわかりませんが、きっと職場でもモテているであろうことは想像に難くありません。

そんな感じなのですが、この友人はなんと26年間(年齢は26歳です)彼氏がいないのです。告白をされても全部断っていたので、もったいないなと思っていました。相当に理想が高いのかな?なんて勝手に想像していたのですが、このことについて、この間偶然彼女が話をしてくれたんです。
彼女曰く「友達だったら仲良くできるけど、恋人になると窮屈に感じてしまうから付き合ったりしたくない」とのこと。「特定の恋人がいるなら、例え友人でも恋人以外の異性と二人きりで会うべきではない」とか「友人より恋人を優先すべきだ」みたいな暗黙の了解に違和感を感じるとも言っていた。

「私は好きな人であればあるほど、その人には自由にしてほしいと思う。だから絶対に束縛とかはしたくない。毎日メールや電話をする必要も全くないし、付き合っているからと言って恋人を優先させる必要もないと思っている。浮気も、別に相手がしたいのならしても良いと思う。私がいるせいで、相手の行動を制限したくないから。だからもしも私以外の人と結婚した方が相手にとって幸せになるなら、そうしてもらって構わないと思っている。それから、そういうことを相手にも思ってほしい。私も相手に束縛されず、自由に好きなように生きていきたいから」というのが、彼女の恋愛観のようでした。

私は好きな相手とはなるべく一緒にいたいと思いますし、その人がもし別の人と浮気をしたり結婚してしまったりしたら耐えられません。友人の恋愛観にはまったく同意できませんでしたが、こういう考えの人もいるんだなと、勉強になりました。

一人旅した大阪で美女との出会い、行きずりのセックス

※読者投稿

私は、以前県外に1人旅に行ったことがあります。

私はそこで思わぬ経験をしました。私が1人で旅行に行ったのは大阪でした。
今まで田舎に住んでいたこともあり、1度でいいから都会の雰囲気を感じたくなり、旅だったのです。

旅行はノープランの1人旅でした。
好きなところに行き、好きなものを見て、好きなものを食べようと期待で胸が一杯でした。
実際に大阪に着くとやはり人の多さに衝撃を受けました。生まれて24年経ちましたが、こんなに人が多いところに来たのは初めての経験だったので、驚きと衝撃で一杯でした。

私は、旅行1日目2日目3日目と大阪を存分に楽しんだのですが、1人旅に慣れていなかった私は4日目から無性に寂しさを感じるようになったのです。
なので、ホテルでもなかなか寝付けなかったので、1人で街をブラブラしていました。

すると、街の繁華街の一角で1人の女性が蹲っているのを発見したのです。
私は心配になり「大丈夫ですか?」と声をかけると、その女性は首を横に振り
「キツイ。ゆっくりしたい」と私に言ってきたのです。流石に見ず知らずの女性だったので、どうしたものかと思っていのたですが、とりあえず「自分の泊まってるホテルで良ければそこでゆっくりしても良いですよ」と声を掛けると、女性は「お願いします」と言い、私の方を見たのです。
彼女が顔を上げた瞬間、私は衝撃を受けました。蹲っていた女性の顔立ちは、あまりにも綺麗で都会の女性はこんなにも綺麗なのかと衝撃を受けたものです。

女性は歩けないとのことだったので、1キロの距離をオンブしてホテルへ向かいました。
女性はホテルに着くや否や、ベッドにダイブして「ええねー。」と微笑んでいました。
その笑顔に私はまたしても胸キュンしていました。
すると、女性はそのまま眠りについてしまい、私は「都会の女性はみんなこんなに無防備なのか」と心配になったのでした。

それから、なぜか残りの5日目6日目7日目は彼女と行動を共にしました。
彼女は、自分の素性は決して明かさず、私の旅行のお供をしてくれたのです。
思わぬ連れができてしまった為、ホテルをシングルからダブルの部屋に変更し、彼女の洋服やらなんやらも購入しました。
結構な金額したのですが、彼女といる時間は非常に楽しかったので、これくらいいいかと思い、結構贅沢をしました。
旅行最終日は、高めなホテルで最後の晩餐と称して2人でディナーをしました。

彼女は最後まで私に素性を明かさなかったのですが、彼女から最後に
「今まで本当に楽しかった。ありがとう。今日だけはあなたに抱かれてもいいですか?」と言って
きたのです。
私は、急遽帰りを1日遅らせ、その高級ホテルに泊まりました。
料金もバカにならなかったのですが、最高のホテルで最高の美女を抱いたその日は、私の大切な思い出となりました。
翌朝、目を覚ますと彼女は私の前からいなくなっていました。

起き手紙には
「ありがとう」と一言だけ書いてありました。

追伸:
それ以来、大阪でのセックスは私にとって忘れられない思い出となり、大阪の街を歩くたびに自然な形でのナンパを試みています。荷物が重くて困っている女性はいないか、道に迷っている観光客の女性はいないか。大阪は独特の文化があり、とくに観光客女性は緊張の連続だと思いますので、そうした女性に優しい手を差し伸べ、できることならそのままお茶、飲み、ラブホでセックスという流れに持ち込みたいところですね。

大阪にはひっかけ橋というナンパスポットもありますが、これは現地の大阪人の狩場になっていますので、私のような遠征組がナンパできる場ではありません。心斎橋のグリコ付近や通天閣、よしもとのなんばグランド花月前など、観光客が多そうな場所を狙うのが穴場ですね。こういう観光客が多そうな場所でナンパするのがおすすめのセックスフレンドの見つけ方と言えます。

現地でセフレを探すのが難しければ、風俗に行くのも良いでしょう。大阪の一人旅で風俗に行くなら、難波秘密倶楽部というM性感の店がおすすめです。テレビでケンドーコバヤシさんがよくしゃべっていますね。本館と別館がありますが、最近は人気が出すぎて、店名が看板に出ていません。「別館」とだけ書いてあります。

難波秘密倶楽部 大阪風俗wiki

ジョギング中にすれ違う女性にナンパしたい

※男性読者の体験談。

毎日ジョギングをしています。
ジョギングコースに、犬を連れて毎朝合う女性がいます。

とても気になるのですが、声がかけられません。
おはようございますと挨拶だけはします。

一応向こうも挨拶だけは返してくれます。
そんな事で、毎朝、ジョギング中に女性とすれ違います。
自分自身は、多分、その女性に惹かれているのだとわかっています。
毎日、その女性に会うのが楽しみで、ジョギングに行きます。

だから、一日のうち、一番力を入れておしゃれをするのが、ジョギングへ行く前です。
会社ではだらーっとしています。
自分は、20歳前半、彼女なし、入社2年目、こんな感じです。
会社は女っ気のない、むさくるしい男ばかりの職場です。
仕事は忙しいですが、それ程、疲れるというほどではないです。

自分は、できれば早く結婚したいと思っています。
なぜかというと、子どもが欲しいからです。

自分は、一人っ子で、兄弟がいなかったので、できれば自分の子どもは何人か兄弟で欲しいです。
だから早く結婚して、家事とかやってくれる人がいればなあという風にいつも思っています。

ジョギングの時に会う女の人は、ちょっと色白で、家庭的なかんじに見えます。
妄想がひどいのですが、まあ、あんな女性が、奥さんだったらなあと思います。

それから、毎日、ジョギングで挨拶だけ交わしていました。
「犬可愛いですね~」位の言葉はかけてみたいと思いましたが、相手の反応が怖いです。
毎日すれ違っている相手でも、意外と言葉はかけづらい物だと実感します。
その女性(+犬)を見かけるようになってから、半年位たちました。

ある日、女性のほうから、自分に声をかけてきました。
それは、「毎日、ジョギングしてるのですね」という、言葉でした。
その時自分は、初めて、その女性の顔をよく見ました。
「はい」と言って、そのあと、言葉が続きませんでした。

頭がフル回転したのですが、空回り状態で何も言葉が浮かびません。
その日はそのまま、ジョギングで家に戻りました。
自分はどうして言葉が出ないのだと後悔しましたが仕方ありません。
ただ、チャンスは明日もある、と思い、翌日に女性に言うセリフを考えました。
「犬可愛いですね」
無難なのはこれしか浮かびません。

どうしても、「おいくつですか」は変だし、「どちらから~」はちょっと変だし、
「毎日犬のお散歩ですね」は女性のセリフのマネになっちゃうし・・・。
ということで、翌日のセリフは「犬可愛いですね」に決めて、眠りにつきました。

翌朝のジョギング中に、やはり、女性に会いました。
こちらから声を掛ける前に、
「犬、苦手ですか」
と言われました。

多分、ジョギング中に当たると危ないので、自分がよけて走ってたので、気にしたのだと思います。
「いえ、犬可愛いですね。」
と、慌てて言いました。

それからは、日に日に会話をするようになりました。
まあ、独身という事は確認しました。
今は、告白のセリフを考えています。

ジョギングナンパの結果、ついに告白へ

それから約一ヶ月が立ち、女性とジョギング中にすれ違うたびに自然と声を掛け合う関係になっていきました。

もう、ナンパというよりは自然と挨拶しあうといった感じで、お互いに違和感がない状況です。

私は告白の言葉を必至に考えていたのですが、いきなりジョギング中に告白するよりも、まずは食事にでも誘ったほうが良いと考えました。

私:「ジョギングコースの途中にNYスタイルのカフェが出来たのですが、ご存知ですか?」

女性:「いや知らないです〜。一度行ってみたいですね。」

私:「あの、もしよかったらこれから一緒に行きませんか?ペットOKのカフェなので、テラスでワンちゃんと一緒にコーヒー飲めますよ」

女性:「ほんとですか?このあとたまたま空いてますし、ではせっかくなのでご一緒しようかな!」

という感じで、意外とトントン拍子で話が進みました。びっくりです。

女性はカフェと犬が好きだと恋愛マニュアルなどでよく記載されておりますが、これは本当なんですね。いや〜、使えるナンパテクニックです!!

そのあと女性とおしゃれカフェに行き、趣味の話や映画の話、どうでもいいニュースの話、そしてジョギングの話で花が咲きました。

盛り上がったのは良いのですが、いまこのタイミングで告白すべきかは非常に悩みました。

おそらく、こういった食事を何度か続けてから告白するのが自然でスマートな流れだと思うのですが、なにしろ恋愛初心者の私は、もう急いで言わなければならないという強迫観念にかられてしまい、カフェから出た直後に思い切って告白しました。

私:「実はあなたに一目惚れしました!真剣にお付き合いさせてもらえませんか?」

女性:「え、そんなビックリです。え〜・・・」

完全に失敗した、これはフラれたと思いました。女性は言葉に詰まってしまってますから。。

しかし、神が舞い降りました。

女性:「まずはお友達としてからで良ければ、これからも仲良くさせて貰いたいです!」

このとき社交辞令だったのかわかりませんが、今この女性は私の婚約者となっています。来年結婚式を上げる予定です。

ジョギングナンパから始まる恋、そして結婚もあるんですね。

女性からメールをウザがられる男性 タイミングの問題?

※男性読者からの投稿。

自分は女性にもてないタイプです。
それでも一応彼女がいた事があります。

彼女ができると、いつも色々プレゼントしたり、誕生日をお祝いしてあげたり、できる限りの事をしてあげました。
自分も相手がそれを望んでいると思っていたのです。
でも、ある日、彼女から、メールがうざいみたいなことを言われて、
もしかしたら、しつこすぎたかなと思い始めました。

彼女には、プレゼントとかあげるのが普通だと思うのですが、違うのでしょうか。
とにかく、それから思い悩み、自分はしばらく彼女ができませんでした。
男同士の会話では、彼女にプレゼントあげたり、色々しているらしいです。

やはり、みんなまめな男子たちです。
メールも欠かさない方が彼女が喜ぶって言います。

返事のメール出さないと、彼女が怒るという友人もいます。
普通はたぶん、そうなのだと思います。

それからしばらくして、たまたま飲み会で仲良くなった女性と、付き合い始めました。
自分はどういう付き合い方がいいのかわからなかったので、

その女性には、今までの彼女との付き合い方などを相談してみました。
そして、正直に、どういう付き合い方が良いか聞きました。

よく考えるとおかしいのですが、まあその時は本当に悩んでいたのです。
その彼女に言わせると、「私は適度に距離をとってくれる男性が良い」と言いました。

プレゼントとかもあまりいつももらうとお返し考えたりしないといけないから大変とか、
メールも、忙しい時に来るとイライラするとか、言ってました。

そういう女性もいるのだなと自分は思いました。
それからその女性と付き合ううちに、その距離の保ち方みたいなものがわかりました。
どうやら、自分は無理をして、メールを出したりプレゼントを用意したりしすぎていた様なのです。

あとは、自分が贈りたいからプレゼントを贈っているだけだという事も気づきました。
つまり、相手が望んでいるかどうかをよく考えていなかったのです。

だからおかしなタイミングでプレゼントをあげたりしてたのだと思います。
自分はそれからは、発想を逆にしました。

彼女が、「ここでプレゼントをもらいたいと思っているかどうか」を考える事にしたのです。
メールなどもその方式で考えるようにしました。

「彼女は、今、メール欲しいと思っているかどうか」これが肝心です。
逆に、「疲れて電話にも出たくない気分なのではないか」と想像する力も肝心です。
その辺りを考えるようになってから、ようやく、女性との付き合い方がわかって来た気がします。

複数のセフレ、H友がいるヤリチンな友人が言うには、メールやLINEは相手がほしいと思うタイミングで送るのが良いそうです。例えば、金曜日の19時、仕事が終わって相手の女性が暇してるんじゃないかと思えば、「今ちょうど○○のあたりにいるんだけど、これから飲みでもどう?」という感じで、敢えて相手の会社の近くにいるような設定でラインを送るのだそうです。

そうすると、予定がなければ高確率でサシ飲みに行く流れになり、酔った勢いでそのままSEXに持ち込めるそうです。飲んでいる間に隣同士の席に座り、自然な流れで手や髪を触ったりして体の距離を近づけるのがポイントなんだとか。やはり、いきなりSEXというわけにはいきませんから、そこまでに少しずつ詰めていくのが腕の見せどころだそうで。

「髪の毛綺麗だね!」なんて普段言うとセクハラになりますが、お互いに酔っている状態ならOKだったりします。そういうギリギリのラインで冗談っぽく会話をしていくことが大事なんだそうです。

それでは続いて、女性からのご意見も紹介。

女性にも男性にも様々な好みのタイプがあると思うので、理想の口説き方も人それぞれだとは思いますが、今回は私が個人的に理想だと思う口説き方を述べたいと思います。

現在、私は大学生で年上の男性3人に言い寄られている状態なのですが、3人とも全く彼氏にしようとは思えません。この3人のそれぞれのダメ出しポイントをここで紹介させて頂きたいと思います。

まず1つ目は「相手の都合を考えない」ということです。これはどういうことかというと、私はつい最近までテスト期間だったのですが、テスト期間については3人ともに連絡していました。それにも関わらず私がテスト勉強で必死になって苦しんでいる時、深夜0時に「暇〜、まだ勉強なのー?」という文章が届き、キレそうになりました。自分が暇だとしても私がテスト中だと知っているのにわざと邪魔しているのか、と不愉快な気分でした。自分が送りたいからメールを送る、暇つぶしにメールを送る。ちょっとは相手の都合を考えて欲しいと本気で思いました。

2つ目はメールの文体や文章が馬鹿っぽい、という事です。私だけでなくほとんどの女性の意見として「男性はマイナス5歳は精神年齢が低く感じる」というものがありますが、これはまさしくその通りです。だからこそ、年上好きの女性が多いのであり、大人っぽく頼れる男性がモテるのです。これは1つ目の自分の事しか考えずメールを送ってきた男性にも当てはまることです。私に言い寄ってきている人も、先日「何なぅ?」とメールを送ってきて、内容のしょうもなさは勿論、「ぅ」という小文字が非常に気持ち悪く感じ24時間以上既読をつけずに無視しました。最低限常識のある日本語を話して欲しいものです。

さて、ここまでの2つのポイントは完全にダメ出しと批判であったので1つ私がテスト期間に貰って嬉しかった男友達からのメールがあります。それは、「突然メールしてごめん。今忙しいだろうから返信暇になってからでいいよ、勉強頑張ってね」というものでした。その文面からはある程度の常識や気遣いを感じました。そして勿論、その人にはすぐに返信しました。この様に、恋愛や女性を口説くにおいて、連絡を取り合うことは非常に肝になると思いますが、文面からも知的さや性格が現れているということを忘れないように丁寧な態度で大人の男性をアピールすると女性は必ずグッとくると思います。

非イケメンでも優しいからという理由で告白OKされた男性

※男性読者からの体験談。

女の人って、本当に分からない事だらけです。
自分が会社で知り合った女の子で、飲み会などでも親しくなった女の子がいました。
その子は彼氏がいるとの事です。

その彼氏さんは、噂ではかなりのイケメンで、かなりラブラブらしいとの事でした。
自分は、正直その女の子はとても好みのタイプだったのですが、
全く勝負になりそうにないので、あきらめました。

それから半年後位に、飲み会でまた話す機会があったのですが、
あっさり彼氏と別れたと言います。

飲んでいるノリで、「じゃあ俺と付き合ってよ」と言って見ました。
「良いよ」と言ったので、これは冗談だなと思いました。

それから何日かして、その女の子で会社内ですれ違った時に、
「あれ、この前の話は?」
と向こうから言い出すので、
「何の話?」
と自分は聞きました。

てっきり仕事の話かと思ったのです。
「いや、付き合ってって言ってたでしょ」
みたいな事を言われて、自分は飲み会の事を思い出しました。

かわいい子でしたので、本当に冗談かなと思ったのですが、もし本当ならラッキーと思いました。
「本当に付き合ってくれるなら・・」
と自分が言って見ると、
「うん。本当に付き合う」
と彼女は言いました。

なんとなく訳がわかりませんでしたが、自分たちは、付き合い始めました。
自分は、全くイケメンではないです。

特別、女性から見て魅力的な方ではないと思います。
なぜ彼女が急に付き合う気になったのか全く分かりませんでした。

後々、少し親しくなってから、自分と付き合い始めた理由を聞いてみました。
「優しそうだから」
との事です。

よくある理由だと思いますが、前彼は顔で選んだのになぜ?と聞いてみると、
前の彼氏は、かっこよかったけど、別に好きじゃなかった
と言います。

そういう事あるのか?と思いましたが、深く追求しませんでした。
後に彼女の性格が良く分かってきたころ、ようやく、自分と付き合い始めた理由がわかりました。
彼女は、嫉妬心が強いのです。

だから、多分、あのイケメンな彼氏では、毎日、心配で仕方なかったのだと思います。
女性って本当に良く分からないと自分は思いました。

まあ、自分も、彼女が可愛いので、心配で仕方ないですが、別れようとは思いません。
今のところ、その彼女と続いています。
今のところ、そこそこうまくいっています。

女心は変わりやすいと言いますから、自信はありませんが、
まだ、彼女とは付き合い続けるつもりです。

結局のところ、結婚できる男は優しい男な気がします。イケメンかどうかは二の次で、女性の立場になって女性優位で物事を考えることができる。女性を立てるところは立て、男が前に立つところは積極的に立つ。そういう男が今の時代は求められているのではないでしょうか。昔は全部男が前に出れば良かったかもしれませんが、今は女の人を敬い、男を蔑むくらいのほうがちょうど良くバランスを保てる気がしています。

悪意のあるような言い方になってしまうのは本意ではないのですが、男性が理屈やロジックで考えると、女性の心理行動は全くもって意味不明、道理が通らないことが多々あります。そういうときに、「男の視点、男の正義で考えると間違いになってしまうけど、女の視点、女の正義で考えたらこれは正しいことなのかもしれない」と一度冷静に俯瞰して考えることが重要です。

男性と女性の思考回路は、キリスト教とイスラム教ぐらい違いますので、それぞれの正義ばっかり主張しても解決しません。相手の論理で言えば正しいのかもしれない、それぞれに正義が存在するのだと考えることが重要です。

これが無意識レベルで理解できるようになると、めちゃくちゃモテます。大してイケメンじゃないのになぜか女性からモテる男が学校や職場にいませんでしたか?そういう奴は女心を潜在レベルで理解しているから、何人も複数のセフレができるわけですね。

顔が良くないから自分は女性を口説く事ができないと考えている男性の方も多くいますが、誰でも口説く事ができると言う部分を覚えておくようにしましょう。

顔が悪くてもセフレは作れます。複数のセフレを持てますよ。

もちろん言葉も大切になってきますが、より大切になってくるのは行動になります。女性も口説かれると言う事は、その男性に対して少しでも好意を持っていると言う事になります。この段階では恋愛的な意味で好き嫌いではありませんが、仲良くなっても良いと考えられている人にのみ口説かれる事が多いです。

まずどんな方であれば仲良くなっても良いかと考えている方が多いのかを知っておくと良いでしょう。

まずは気配りができる人になります。一緒に居て気配りをしてくれる場合は、頼りになると感じてくれますし、優しいとも感じてくれるようになります。気配りは意識をしなくてはできない部分になりますが、気を付けて行動をする事によって気配りが上手い人だと感じてもらう事ができます。

気配りをして見て自分と話をしてくれる女性が居たら少しずつ近づいていき、言葉で口説くようにしましょう。気配りを見せる事によって、口説く事ができる可能性が非常に高くなります。また他の部分では会話が楽しいと言う部分があります。会話がつまらない、一緒に居てもなかなか話が弾まない人とは仲良くなりたくないと考えている女性の方が多いです。これが初対面であればよりその傾向が強いと言えます。

つまりコミュニケーション能力が高い人ほど、女性を口説く事ができる可能性が高いと言う事になります。まずは自分の狙っている女性と少しずつコミュニケーションを取っていき面白いと感じてもらう事ができるような話をすると良いでしょう。楽しい会話の中で相手を褒めるような言葉を混ぜていくと口説く事ができるでしょう。

他にも女性が気に入る部分はたくさんありますが、まずはこの2つが重要になってくると言えるでしょう。最初はなかなか口説く事ができない男性が多いですが、積極的に声をかけて行くと口説きも上達してくるでしょう。

真剣交際として口説くのが恥ずかしいなら、チャラい感じでセフレとして口説く練習をするのもアリだと思いますよ。

横浜でデートコースを決めていたが寝坊してしまった男性

※男性読者の体験談です。

自分が初めてデートに彼女を誘って、一緒に外出した時の話です。
自分では、デートコースを決めていました。

正直、マニュアル本をだいぶ読んで、勉強してデートに行きました。
なぜかというと、彼女ができたのも初めてでしたし、デートも初めてだったのです。

女の子と出かけるという事自体が、自分にはほとんどありませんでした。

自分が考えていたデートコースは、
自分は車を持っていませんでしたので、
朝、駅で待ち合わせをして、
そのまま横浜まで行って、
みなとみらいで食事をして、
ショッピングをして、
夕暮れに、少しロマンチックに観覧車を見て、
電車で帰る・・・・というイメージでした。

そのコースに関しては、念入りに下調べをしました。
それで、寄りたいお店もチェックして、何件か、女の子の好みそうなお店も選んでおきました。

デートの当日の朝、さっそく自分は、ドジをしました。
寝坊したのです。

しかし、後で考えると、この寝坊がまあ、良かったのではないかと思います。
なぜかというと、後で振り返ると、デートコース通りには全くいかなかったからです。
最初に失敗してしまい、開き直りました。

寝坊したと言っても、待ち合わせの時間に遅れたわけではありません。
ただ、髪の毛を整えるとか、洋服をきちんと決めて行くというのを、
予定よりはかなり、適当な感じで慌てて家を出たのは事実です。

彼女はまだ、待ち合わせ場所に来てませんでしたので、その場で少し髪をふんふんと整えて、
彼女が来たときには、何もなかったように挨拶しました。

横浜までは普通につきました。
しかし、自分の思ったデートコースや、選んでおいたお店にはほとんど寄らなかったです。

なぜかというと、彼女が、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、
自分の興味を引くものを勝手に見てまわるタイプの女の子だったからです。
自分としては、時間をもし持て余したらどうしようと不安に思ってデートコースを決めていたのですが、
そんな心配も無用でした。

彼女はショッピングモールも好きなだけ見て、
おいしそうなお店を適当に歩きながら選んでそこで昼食にしました。
それから、また彼女はショッピングを始め、アクセサリーの店や洋服店やかばん屋さん等、あらゆる店を見てまわりました。

そして(自分が)予定していた観覧車の夜景は、帰りの電車の中から見ました。
彼女は、きれいだね~という感じで、喜んでいました。
行き当たりばったりでも結構うまくデートできるという良い思い出です。

女性のタイプにもよるのですが、男性に事細かにデートプランを決められるよりは、細かい部分は自分で好き勝手に動きたいという女性が少なくないです。特にショッピングデートではその傾向が強いですね。

女性はあっちこっちに興味が拡散するいきものなので、Aの話をしていたのに急にBの話になって、CやDを経由してまたAに戻ってくるということがよくあります。これと同じで、ショッピングの行動や順番においても、あっちこっちに行ったり来たりするものです。

そういう女性の奔放なところをディスるのではなく、それが女性らしい行動なのだとポジティブに捉えることができるようになると、女性からモテるようになる気がします。こういう女性のわがままとも言える行動を、そういうものだと受け入れられるようになってからは、女性と親しくなる機会が増え、その場限りのゆきずりセックスや、継続的なセフレ関係が続く女性の友達が増えましたね。

横浜はセフレとのデートにもオススメ

みなさんが想像する人気のデートスポットにはどこがあるでしょうか?世間一般的には、お台場や江ノ島、または東京ディズニーリゾートなどのテーマパークなどといったところでしょうか。

わたしが今回オススメするデートスポットは【横浜】です。行ったことある人も多いかとは思うのですが、横浜には観光スポットが多くてノープランで行くと結構ドタバタしてしまい周りきれない可能性が高いんです。

そんなカップルの人たちのために、1日をどのような感じでまわれば横浜を楽しむことができるのかをわたしが伝授いたします。
彼氏彼女カップルだけでなく、セフレ男女にも横浜デートはオススメなんです。

まず、待ち合わせは元町・中華街駅にしましょう。なんといっても改札がシンプルなので、すぐに会うことができますし、駅を出るとすぐに楽しめる横浜中華街が広がっています。横浜中華街にあるお店はだいたい10:00〜11:00頃に開き始めるので、その頃に来ることをオススメします。昼頃に横浜中華街で小籠包やマンゴーのかき氷などを存分に堪能し、横浜中華街でしか買えないお土産などを探したりして楽しめる飽きないデートスポットです。

これは個人的意見ですが、セフレを作るような性欲高めの男女というのは、概して食欲も旺盛です。グルメや美食に目がなくて、おいしいごはん、美しいコース料理を眺めているだけでも興奮してくるものです。

なんとなく、肉まんのジューシーな感じってエロいですよねw

横浜中華街をある程度楽しんでお腹もたまったところで少し歩きましょう。横浜中華街の近くにある山下公園というところを歩いてみなとみらい方面に向かいます。山下公園は海に面した大きな公園で、海辺を散歩するように歩ける道は潮風をとても感じることができてとてもオススメです。

夜の山下公園ではカップルやセフレ、大人の男女がチュッチュハグハグしています。

日焼けするためだけに来ている人もいるくらいなので、春や夏に行くときは日傘が必需品です。大きなカラフルな船も見られてとてもいいフォトスポットでもあります。デートスポットとしてもよく知られているのでたくさんのカップルを見かけることができるところでもあります。その途中にはアイスクリームを食べられたり、パンケーキ屋さんもあってグルメは飽きることがないでしょう。

そしてみなとみらい方面に着いて最初に見えるのが赤レンガ倉庫です。中にはたくさんの服や雑貨などが売られていたり、また美味しいスイーツや肉料理といったグルメに出会うこともできます。ときどきイベントなども行われているのでとても楽しいです。赤レンガ倉庫のどこかのテラスに2人で鳴らすための鐘があります。オススメなので探してみてください。

あとは、ランドマークタワーの上の階でリッチなディナーなどを楽しんだり、そこから見える海とみなとみらいの街の夜景は本当に絶景でオススメです。最高のデートスポットではないでしょうか。最後はホテルでセックスを愉しめば良いのです。

そんな横浜にぜひ行ってみてはいかがですか?