男性が社内で気になる女性をゲットするための方法

※読者投稿

「社内恋愛を成就させるには」

結婚した人のおよそ3割が社内で相手を見つけたというデータもあるように社内恋愛は今や重要な出会いの場のひとつです。
毎日通う会社に自分の好きな人がいたら、仕事も頑張れる気がしますよね。
今回は、男性が社内で気になる女性をゲットするための方法をご紹介したいと思います。

まずは、社内の女性を狙うなら、他部署の人にするほうが良いでしょう。
同じ部署だと仕事の情報も筒抜けで、デートをしていてもお説教をされたりする可能性があります。
また、恋愛が成就すればいいのですが、うまくいかなかった時の代償も大きいです。

他部署の人に自分をPRする方法は、とにかく自分の仕事に真摯に取り組むことです。
頑張っている姿を見てもらうことはもちろんですが、周りからの評価が上がることで、他部署でも噂になるような存在になることが重要です。
相手にとって、気になる存在になることができればまずは成功と言えるでしょう。
仕事以外でアピールする場合は、基本的なことですが、社内ですれ違う際は爽やかに挨拶をします。

まずは相手に顔と名前を憶えてもらうことが大切です。
相手に認識してもらえるくらいになったら、他部署に友人がいれば交流会と称して、飲み会などをセッティングしてもらうとよいでしょう。

「あっ、いつも爽やかに挨拶をしてくれる人だ。」と認識されていたら、相手の方に近づきやすくなります。

他部署に友人がいない場合は、社内のイベントには細目に顔を出して、偶然を装って近づくようにしましょう。
忘年会やお花見などは、仕事関係のイベントとはいえ、楽しい雰囲気になり素の部分が出やすい場です。
その場の雰囲気に乗っかって、思い切って話しかけてみるのもよいでしょう。

「この人、私に気があるのかな。」と思わせるには、プライベートの質問をすることがお勧めです。

相手の趣味や休日の過ごし方、よく行くお店などを聞いてみましょう。
もし自分と共通する部分があったら、「今度一緒にどうかな?」と誘いやすくなります。
自分できっかけを作って、仕事に影響が出ないように社内恋愛を楽しみましょう。

SNSでもご購読できます。