女性を口説くには強引さのさじ加減が重要

※男性読者の投稿

せっかく知り合った女性と、なかなか良い関係になれずにお友達のまま終わってしまう男性は多いのではないでしょうか?
自分が女性とデートする際に気を付けている事や、女性を口説き落とすテクニックについて書こうと思います。
まず、出会い系サイトや職場、友人の紹介等で女の子と知り合うとします。

お互い相手の事をよく知らない場合が多いですよね?
親密になるための第一歩はメールやLINE等、直接連絡をとれる手段を早めに確保する事です。
お互い知り合ってから日数が経ってしまうと、メールアドレスやLINEのIDなどを聞きづらくなるものですよね。

なので、経験上少し図々しくても連絡先を聞いてしまいましょう。
ここで教えてもらえないようなら、あまり脈はないと判断できるので余計な時間を使わずに済みます。
次に相手と連絡先を交換したら、途切れないようにメールをして下さい。
これは結構難しいのですが、最後に連絡を取ってから何週間も空いてしまうようでは、到底仲良くなれません。
基本は毎日連絡を取り合いましょう。その際に重要なのは、ネタ切れしないことです。

趣味や特定の話題ばかり話していると、いづれ話すネタがなくなります。
ですので、最初のうちはそれでもよいかもしれませんが次第に日常的な会話を主に行うように調整していきます。
日常的な会話って、尽きる事がないんです。朝のおはようから始まり、夜のおやすみまで連絡するようになっていれば後一歩。
実際にデートに誘ってみましょう。毎日連絡を取り合っている相手の場合だと、お互い特別な好意はなくても親近感は芽生えているものです。

デートの名目はなんでもよいですが、女性が喜ぶようなランチやスイーツのお店、興味がありそうなイベントなんかで良いと思います。
デートに誘えたら半分勝ったも同然です。
何しろ半日か、一日かわかりませんが、彼女と二人きりになれるんですからぐっと距離を縮める事が可能になります。
少し疲れたころを見計らって、漫画喫茶やインターネットカフェ等、半個室で二人が密着出来るところに誘ってみて下さい。

さりげなくスキンシップをしてみて、相手が強い拒絶をしなければそのまま抱きしめてみたり、うまくいけばキスまで出来ると思います。
相手が嫌がったり、戸惑うようならやめてあげて下さい。
決して無理やりなことはしない、でも、少々強引に行く。女性を口説くポイントだと思います。

SNSでもご購読できます。