奥手な男性が女性との出会い初対面で自分を好印象にアピールしセフレ候補にするには?

奥手だからこそ出会い初対面を大切にする

もしも「自分は奥手である」と自認しているならば、女性との出会いをその都度大切にすることを心掛けましょう。

その都度、女性との出会い初対面を大事にしていれば、そこから彼女やセフレ関係に発展する女性も出てきます。

セフレ対象でも性格の良さが求められる

性格の良さをアピールするために、人当たり良い会話を試みるのも大事。誤解されやすいのですが、セフレ対象だとしても性格の良さは求められるものです。

そして、自分を印象付けることも忘れてはなりません。好印象を与えるにはどうすればよいでしょうか。

挨拶を交わしただけで忘れられてしまうようでは、いくら出会いの場に顔を出しても無意味極まりなし。

まずは、自分という人間に興味を持ってもらえるような会話をスタートさせることからチャレンジしてみましょう。

セフレ候補女性に興味を持ってもらうには

では、どうすればセフレ候補女性に興味を持ってもらい易くなるのでしょうか。

それには、掴みの会話で思い切って相手の名前を呼ぶことが近道です。

例えば、自己紹介をするとします。

ポイントは、男性自らが先に名乗るのがベターという点。

「○○と言います。あなたのお名前を教えていただけますか?」

このようなソフトな名乗りであれば、相手の女性に拒否されることは、まずありえません。

セフレ候補だからといって、チャラい感じで「そこのかわいこちゃん名前教えてよ〜」なんて言って成功するのはオリラジの藤森だけでしょう。一般人が真似してはなりません。

そして、女性に名前を教えてもらったならば、復唱するようにしましょう。

この場合、名前を聞いて、あなたがこの人に呼び掛けたいと感じる呼び方をしてみてください。

女性の名前が「さとうまき」さんであれば、「まきさんですね」と軽い感じで復唱すると、グッと距離が近くなります。

遠慮し過ぎてずっと名字で呼びかけていると、親密になりかけた関係も距離が生じてしまうことがあり、よくありません。

「ずうずうしいかな?」「恥ずかしいな」と思っても、思い切って「みきさん」と呼びかけてみましょう。

相手の女性もあなたに話しかけやすくなったり、名前を呼びやすくなるはずです。

初対面では名字で女性を呼ぶのも仕方ない

お互いに呼び合う名前が名字になってしまったからといって、落胆することはありません。

相手にどのように呼びかけるのかが定まれば、会話にもリズムが生まれます。

楽しい会話のキャッチボールができるようになったならば、それからお互いの連絡先を交換すれば間違いなし!
あとは流れに乗るだけで、益々親密な関係へと進むことでしょう。

奥手の人は、この最初のステップで二の足を踏んでしまいがち。

子供の頃の友達作りのように、まずは名前を言うことから始めてみましょう。

SNSでもご購読できます。