否定的な感想感情は心の中に押し込もう!女性に正直に伝えてはならない

いくら慣れている女性だからといって、その女性の髪を嗅いでは「俺の好みの香りじゃないね」と言ってしまう男性に惚れることがなかなかできないのが女性というものです。

女性はあまり自分が好きなものに対して駄目だしをされることが好きではありません。服のセンスを見て「何これ?ダサいね」とか「俺はもっとセクシーな感じが好きなんだ」というような言葉を言ってしまえば、その女性の機嫌もあまり良いものになりません。

男性はちょっと正直に言ってしまうところがあります。男性同士ならまだいいですが、女性はちょっとそういったことを言われるのに慣れていないところがあります。

なのに、男性はお構いなしに「うわ、何これ、センス酷いね」と平気で言う男性はかなり嫌われます。心の中で思ってても、あまりそういったことを口にしない方が無難です。

これから口説こうと思っている女性に対しては、絶対にそういった否定的なことを言うのはナッシングです。

心の中では「酷いな」と思っていても、「俺もそんな感じの服が好きなんだ」と言っては褒めることが大切です。「でも、俺ならもうちょっとピンクがかってる方が好きかな」と優しい言葉を言ってみるのが大切です。

「君にはもっとこっちの白い色の方が素敵に見えるよ」と言ってはさりげなく似合う服を勧めてあげれば、その女性もそんな男性に惚れてしまうものです。

「私よりもセンスが良くて素敵」と思われることが大切です。

そんな素敵なセンスの男性は、どんな女性も虜にするものです。可愛い子から美人まで、幅広いタイプの女性を惚れさせることができるものなのです。

デートの時は、やっぱり男性と服を買いに行きたいなと思うのが女性です。その男性に服を買ってもらいたいというのも女性の気持ちです。その男性が選んだ服を着ることで、より自分はその男性と一体感を得られた気分になるのです。

好きな男性に買ってもらった服を着ると、より女性は楽しくなり、その男性を深い愛で満たしてあげようと思うものなのです。

【おすすめ】セフレ探したいならPCMAX(※18禁)登録は必須!みんな使ってる!

トップに戻る⇒安心確実なセックスフレンド(セフレ)の作り方・探し方【おすすめ募集掲示板サイト】

 

否定的な感想感情は心の中に押し込もう!女性に正直に伝えてはならないの関連記事

SNSでもご購読できます。