信頼関係ができる前から口説き出す男性は失敗しやすい

ガードが固い女性を口説くには信頼関係が大切

ガードが固い女性を口説くには、少しずつ信頼関係を構築していくのが重要。信頼関係とは一気に築けるものではなく、少しずつ作っていくもの。一気に距離を詰めようとすると相手に警戒されてしまいます。

ザイオンス効果をご存知でしょうか?

ザイオンス効果とは、同じ人や者に接触する回数が増えるごとに、その対象への好印象を持つようになる効果のことです。
これを保険の営業マンは利用していて、今スグ客でなくても、将来の顧客候補の家や勤務先に足繁く通います。そのうちに自然と信頼関係ができてきて、いざ保険が必要となったときには真っ先に契約が取れるという手法です。

恋愛関係においても、相手と頻繁に会話をする、あいさつをする、メールやラインをするといった風に、接触回数を少しずつ上げていくのが重要ですね。一気に信頼関係を得ようとするのではなく、ゆっくり着実に進めていきましょう。

信頼関係が得られるまでは無理に口説かない

信頼関係が構築できるまでは、無理に口説かないのが賢明。強引に口説こうとすると相手は身構えてしまうので逆効果です。特に男性不信・女性不信の相手なら尚のことですから、相手が心を許していると確信できるまでは引いておくのが大事。引いておくといっても、普通の挨拶や会話は頻繁に行いましょう。男として女としての牙をむくのは後にしましょうね。

信頼関係ができた後の口説き方

いきなり身も蓋もない事を言いますが、信頼関係ができた後なら、ぶっちゃけ口説き方は何でもいいのです。

テンプレ通りの口説き文句ではなく、自分の言葉で『私は貴女に好意があります』って事を伝えさえすれば何でも良いと思います。
で、上手くいかない人は何がダメなのかと言うと、個人的には『口説ける状態になってない時に口説いている』からだと思うんですね。
例えば、ターゲットの女性から見て、貴方の第一印刷が芳しくない状況で、いきなり口説き始めたら、それはもう嫌悪感しか残りません。

これは、その女性を良く見ていない事に他ならず、一方的に好意を押し付けてる以外の何者でもありません。
基本、人間は誰かに自分を分かってもらいたい生き物です。

特に女性は感情を理解、共有して欲しいので、このような自分の事を一切、見ようとも知ろうともせずに接してくる異性に嫌悪感を抱くものだと思います。
なので、本当にお近づきになりたい女性に対しては、早る気持ちを抑えて、まずはシッカリその女性を観察(リアクション等)して、ある程度の信頼を得て、それから口説ける状態に持って行くようにした方が良いかと思います。

私の経験上、上手くいかないと嘆かれる男性の殆どは、この準備段階をすっ飛ばしてる事が多いです。
口説き方以前の問題なんです。
ビジネスでもそうですが、信頼関係が成立してないのに、いきなり商談に入って上手くいく事はないですよね?(まぁ、中には稀に成立するときもあるでしょうが)

まずは、自分と言う商品を信頼してもらう事から始めましょう。
相手が、聞く耳を持ってくれるようになるまで、真摯に誠実に自分をアピールしましょう。
そのアピールの段階で、相手を良く見て、好意的な反応を示した部分を膨らませていけば、自ずと口説ける状態は出来上がってきます。

なお、自分をアピールする事に没頭しすぎて、相手の反応を逃してしまわないよう心掛けてください。
もっと言えば、自分をアピールするのは二の次で、一番優先すべきなのは、女性の心の機微なのです。
自分の感情の吐露ではなく、その女性の感情を優先する事なのです。

乱暴な言い方ですが、要は『気を使え』って事です。
長くなりましたが、私の考える口説きの最重要ポイントは『相手に敬意を払う』と言うことです。
駄文、失礼しました。

【おすすめ】セフレ探したいならPCMAX(※18禁)登録は必須!みんな使ってる!

トップに戻る⇒安心確実なセックスフレンド(セフレ)の作り方・探し方【おすすめ募集掲示板サイト】

 

信頼関係ができる前から口説き出す男性は失敗しやすいの関連記事

SNSでもご購読できます。