仕事を止めて資格の勉強をしていたときに図書館で女性との出会い。ハローワークや職業訓練校にも一緒に行くことに

勤めていた会社を辞めて、しばらく求職中だった頃の話なのですが、意外にも女性との出会いがあったのです。

会社勤めをしている時には殆ど出会いがなかったのですが、退職して平日の昼間にふらふらしていたら、1人の女性と知り合うことができたのです。

仕事探しはしていたものの、仕事を辞めると、多くの時間を持て余す現実が待っていました。

はじめは行くところがなく家でゴロゴロしていたのですが、家にいても仕方がないので、仕事が見つかるまで自分を高めよう思い、図書館に行って本を読んだり、資格の勉強をするようになりました。

そして、そこで1人の女性と出会ったのです。

ほぼ毎日と言っていいくらい図書館に通っていたのですが、自習室で必ず見かける女性がいたのです。

しかも毎日顔を見るので、お互い何となく顔見知りという感じになり、図書館にある食堂で会った際には自然と話をするような仲になったのです。

私は正直に、仕事を探しているのだけれど、なかなか上手くいっていなくて、ひとまず資格の勉強をしていると話すと、なんと、彼女も同じ境遇ということで一気に仲良くなりました。

年も近かったので、世間話にも花が咲き、毎日図書館に行くのが楽しみになったのです。

そして、それまでは一人で行っていたハローワークにも、2人で待ち合わせをして出かけたり、まさにデート感覚といった感じでした。

ただ、しばらく経っても2人とも仕事は決まらず、図書館で勉強をする日々が続いていました。

ところが、たまたま図書館に貼ってあった職業訓練のポスターに私たちは反応し、試しに受けてみようということになり、約半年間職業訓練に通うことになったのです。

いつの間にか恋人に近いような関係になり、職業訓練校でも時間を共有した私たちは、やがて付き合うようになりました。

今でも交際は続いているのですが、実は職業訓練校からの勧めもあって、2人とも同じIT企業で働いています。

当初は、暗い無職生活をしていた私でしたが、ひょんなことから出会いがあり、仕事まで決まったので、人生まだまだ捨てたものじゃないなと思いました。

SNSでもご購読できます。