一人旅した大阪で美女との出会い、行きずりのセックス

※読者投稿

私は、以前県外に1人旅に行ったことがあります。

私はそこで思わぬ経験をしました。私が1人で旅行に行ったのは大阪でした。
今まで田舎に住んでいたこともあり、1度でいいから都会の雰囲気を感じたくなり、旅だったのです。

旅行はノープランの1人旅でした。
好きなところに行き、好きなものを見て、好きなものを食べようと期待で胸が一杯でした。
実際に大阪に着くとやはり人の多さに衝撃を受けました。生まれて24年経ちましたが、こんなに人が多いところに来たのは初めての経験だったので、驚きと衝撃で一杯でした。

私は、旅行1日目2日目3日目と大阪を存分に楽しんだのですが、1人旅に慣れていなかった私は4日目から無性に寂しさを感じるようになったのです。
なので、ホテルでもなかなか寝付けなかったので、1人で街をブラブラしていました。

すると、街の繁華街の一角で1人の女性が蹲っているのを発見したのです。
私は心配になり「大丈夫ですか?」と声をかけると、その女性は首を横に振り
「キツイ。ゆっくりしたい」と私に言ってきたのです。流石に見ず知らずの女性だったので、どうしたものかと思っていのたですが、とりあえず「自分の泊まってるホテルで良ければそこでゆっくりしても良いですよ」と声を掛けると、女性は「お願いします」と言い、私の方を見たのです。
彼女が顔を上げた瞬間、私は衝撃を受けました。蹲っていた女性の顔立ちは、あまりにも綺麗で都会の女性はこんなにも綺麗なのかと衝撃を受けたものです。

女性は歩けないとのことだったので、1キロの距離をオンブしてホテルへ向かいました。
女性はホテルに着くや否や、ベッドにダイブして「ええねー。」と微笑んでいました。
その笑顔に私はまたしても胸キュンしていました。
すると、女性はそのまま眠りについてしまい、私は「都会の女性はみんなこんなに無防備なのか」と心配になったのでした。

それから、なぜか残りの5日目6日目7日目は彼女と行動を共にしました。
彼女は、自分の素性は決して明かさず、私の旅行のお供をしてくれたのです。
思わぬ連れができてしまった為、ホテルをシングルからダブルの部屋に変更し、彼女の洋服やらなんやらも購入しました。
結構な金額したのですが、彼女といる時間は非常に楽しかったので、これくらいいいかと思い、結構贅沢をしました。
旅行最終日は、高めなホテルで最後の晩餐と称して2人でディナーをしました。

彼女は最後まで私に素性を明かさなかったのですが、彼女から最後に
「今まで本当に楽しかった。ありがとう。今日だけはあなたに抱かれてもいいですか?」と言って
きたのです。
私は、急遽帰りを1日遅らせ、その高級ホテルに泊まりました。
料金もバカにならなかったのですが、最高のホテルで最高の美女を抱いたその日は、私の大切な思い出となりました。
翌朝、目を覚ますと彼女は私の前からいなくなっていました。

起き手紙には
「ありがとう」と一言だけ書いてありました。

追伸:
それ以来、大阪でのセックスは私にとって忘れられない思い出となり、大阪の街を歩くたびに自然な形でのナンパを試みています。荷物が重くて困っている女性はいないか、道に迷っている観光客の女性はいないか。大阪は独特の文化があり、とくに観光客女性は緊張の連続だと思いますので、そうした女性に優しい手を差し伸べ、できることならそのままお茶、飲み、ラブホでセックスという流れに持ち込みたいところですね。

大阪にはひっかけ橋というナンパスポットもありますが、これは現地の大阪人の狩場になっていますので、私のような遠征組がナンパできる場ではありません。心斎橋のグリコ付近や通天閣、よしもとのなんばグランド花月前など、観光客が多そうな場所を狙うのが穴場ですね。こういう観光客が多そうな場所でナンパするのがおすすめのセックスフレンドの見つけ方と言えます。

現地でセフレを探すのが難しければ、風俗に行くのも良いでしょう。大阪の一人旅で風俗に行くなら、難波秘密倶楽部というM性感の店がおすすめです。テレビでケンドーコバヤシさんがよくしゃべっていますね。本館と別館がありますが、最近は人気が出すぎて、店名が看板に出ていません。「別館」とだけ書いてあります。

難波秘密倶楽部 大阪風俗wiki

【おすすめ】セフレ探したいならPCMAX(※18禁)登録は必須!みんな使ってる!

トップに戻る⇒安心確実なセックスフレンド(セフレ)の作り方・探し方【おすすめ募集掲示板サイト】

 

一人旅した大阪で美女との出会い、行きずりのセックスの関連記事

SNSでもご購読できます。