ボスコ(BOSCO)オリーブオイルのミニサイズ「これこれ!小さいズ」が便利すぎる

オリーブオイルはジュース!

私はオリーブオイルが大好きで、どのくらい好きかというと、
ジュースとして飲めるくらい好きです。

ちなみにオリーブオイルは、オイルと言っても、種子を絞っているわけではなく、
果実そのものを絞ってオイルにしています。

ですから、正確にはオイルというよりもオリーブジュースと呼んだようが正しいのかもしれません。

オリーブオイルはピンからキリまで

オリーブオイルにハマればハマるほど、オリーブオイル選びに神経を注ぐようになります。

オリーブオイルの質はピンからキリまで。
ひどいやつだと、エクストラヴァージンオリーブオイルと記載しておきながら、風味や香りは消え去っていて、マシンオイル(機械油)のような臭いがする粗悪品まである始末。

海外からの輸入品の宿命なのですが、適当に選ぶと酷いモノに当たってしまうことがありますね。

で、色々極めていくと、一瓶で4,000円くらいの値段になってしまいます。
この値段になるとたしかに素晴らしいオリーブオイルに出会えるのですが、さすがにちょっと高いですよね。

普段使いのオリーブオイルはスーパーやコンビニで買えるものを

結局、普段使いとしては、そのへんのスーパーで買える一番良いやつという選択になります。

ずばり、ボスコ エキストラバージンオリーブオイル ~Rich&Fruity~ です。

これは十分満足できるクオリティ。

実は、これよりランクの高い「ボスコプレミアムエキストラバージンオリーブオイル~Fresh&Green~」というのもあるのですが、
あまりスーパーでは見かけない気がします。

なので、「プレミアム」のつかない「ボスコ エキストラバージンオリーブオイル」が私のイチオシ。

なんとこの「ボスコ エキストラバージンオリーブオイル」に、小瓶タイプが登場しました。
セブン-イレブンなどのではこの小瓶タイプだけ置いていることもありますね。

ネット通販で買えるところを探したのですが、どこも在庫切れのようです。。
コンビニに置いてるので、コンビニでお買い求めください。。

小瓶のオリーブオイルが使いやすい理由

小瓶タイプって料理に直接かけるとき、かけやすいんですよね。
通常の500mlサイズだとドバドバとかけてしまいがちなのですが、50mlのミニサイズならその心配はありません。

また、一人暮らしの場合、通常サイズだと大きすぎることもあるのではないでしょうか。

小さいサイズだと、常にテーブルに置いていてもなじみますよね。

というわけで、私はミニサイズのものを愛用してます。

塩ゆでしたパスタにそのままボスコのオリーブオイルをかけただけでも美味しいです。
気分によって、牡蠣醤油を足すこともあります。

小麦と塩分とオリーブ、さらに魚介の風味が混ざると、もうなんとも言葉で表現できないほど旨いですね。
地中海ありがとうと言いたくなるくらい美味しい。

イタリアンレストランデートでさりげないウンチクを

イタリアン料理の旨さの8割くらいはオリーブオイルの旨さにあると感じてます。
イタリアンというのは女性にも人気の高い料理です。

イタリアンレストランでのデートで、さりげなくウンチクを披露するくらいなら、口説きにも効果的。
あくまで、さりげなくというのがポイント。

女性がメニューを見て困っている時に、短くわかりやすく解説してあげるとか、
その料理をいただいているときに、これも短くわかりやすく感想を言うとか。

あくまで、その女性に喜んでもらえる程度の分量とわかりやすさで伝えるべき。
間違っても自慢になってはいけません。

一言二言ウンチクを述べて、それで相手の反応が良ければ更に続けるといった具合が良いですね。

あまりに凝り過ぎると逆効果。女性からヒカれてしまいます。

例えばですが、メニューにアヒージョが載っていたとします。
女性がアヒージョを知らなそうであれば、

「オリーブオイルとニンニクで魚介やマッシュルームを煮込んだ料理だね。めっちゃ旨いからこれも食べよう!」

くらいに留めるのがベストです。なんなら、

「これめっちゃうまいから頼もう」

の一言でも良い。

デートで必要なのは女性が恥をかかないように、困惑しないようにエスコートしてあげることであり、
専門的な解説を求められているわけではありませんから。

アヒージョを女性に食べてもらって、美味しいことを実感してもらった後に、
多少のウンチクを述べる程度なら良いでしょう。

これもタダの自慢で終わらず、他にこんな食べ方があるとか、こんな変わり種もあるとか、
聞いてて面白くなるような提案を心がけるべきですね。

SNSでもご購読できます。