セックスフレンドにも少女漫画のようにロマンチックな出会い・口説き方を求める女性心理

女性を口説くにはロマンチストになるしかありません。

中にはロマンチックな事されて嫌だという方もいるかもしれませんが、ほとんどの女性はロマンチックなことされたいと思っています。

少女漫画でありそうなシーンを期待しているのです。

セックスフレンドにも少女漫画のようにロマンチックな出会い・口説き方を求めるのが女性心理というもの。

男性はロマンチックなことするのなんてめんどくさいと思っている方大勢いると思います。

女性がロマンチックなこうゆうことされたら嬉しいだろうなとわかっていてもめんどくさいからしない男性は多いと思います。

私もそうです。

やろうと思えばロマンチックなことできるけどめんどくさいです。

しかし、女性を口説く時はロマンチックな演出をしましょう。

あなたがロマンチックな男性でないのにロマンチックなことをすればギャップ効果で確実に落とせます。

ギャップと言えば女性はギャップにも弱いです。

普段だらしない格好をしているあなたが急にスーツなんか着て花束を渡せば口説けると思います。

女性は男性に比べて現実主義ではありません。

夢を見ているのです。

夢を見せるには口説く場所も大切になります。

夜景な綺麗な公園、ディズニーランド様々考えられます。

なんかありきたりな場所だしそーゆー所で告白されるてよく聞くて思った方いると思います。

しかし、ありきたりな場所で良いのです。

あなたがオリジナルの素晴らしい演出場所を考えられるならそれに越したことはありませんが、ありきたりでも大丈夫です。

なぜなら女性の頭の中で思い描いてる理想のことが現実になっているからです。

男性から見たらありきたりかもしれませんが、女性から見ればそのありきたりなことが理想なのです。

ベタなことしてるなぁと内心男性は思うかもしれませんが、女性は泣いて喜ぶと思います。

女性の思い描いている理想のシチュエーションはめんどくさいだけでやろうと思えばどの男性でもできます。

ディズニーランドなんてお金さえ払えばキャストがほとんど演出してくれますから。

口説きたい女性がいればめんどくさいを少し乗り越えて女性の思い描いているベタなシチュエーションを設定してあげましょう。

女性から見た女性の理想の口説き方 セフレにも使えるテク

女性から見た女性の口説き方を書いてみたいと思います。
セフレさんにも使える方法だと思います。

まず、ダメなのは彼女の好みを優先させないデートとか。
彼女はまったく興味がないのに自分の好きな場所優先で出かける。

最初からマイナスから始めたらうまく行くものも行かないです。
口説きたいならまずは彼女の好み(行って楽しいところ)を探りましょう。
貴方のことが好きじゃなくても「楽しそう」というだけで行く気になりますもんね。

セフレも人間であり、女性なのですから、お姫様気分を味わいたいものなのです。

デートに付き物なのは食事。
これも彼女に何が食べたいか聞いてあげて。

以前、初デートで「ラーメン」を提案された時は「ウソでしょ」と思いましたね。
ラーメン食べながら何を語れというのでしょう?
二人してモクモクと食べるのが目に見えてる…。
ダメ、NGですね!

口説きたいんなら彼女が食べたいものである程度落ち着いて話が出来る店。
これ必須です!

歩きながらとか、遊びながらってじっくり話できないでしょ?
彼女だって貴方がどんな人か知りたいと思うし、そういう話ができるのって食事の場面が多いのですから食事の場所選びはすごーく大事。

そんなに高いお店でなくていいから落ち着ける所。
後はそうだなあ…。さりげなくエスコートしてあげると良いかもなあ。

例えば歩く時、車道側を歩いてあげる、重いもの持っていたら代わりに持ってあげるとかね。
ジェントルマンだなぁと思われたらしめたものですよね。
歩く歩調も彼女に合わせてあげてね。

セフレとのセックスもラブホテル直行ではなく、こういう良い雰囲気作り、事前の下準備や段取りで、女性のオーガズムは全然違ってくるんです。

あ、男の足って早いので、自分のペースに合わせていつも通り歩くと彼女が疲れるかもしれないからね。
初デートでは色々話して彼女が楽しんでくれるように気を使って、次のデートにつなげて下さい。「今度は○○に行こう!」って話に持って行くと良いかと。
そんな感じで二、三回デートを重ねることができれば脈ありだと思います。

脈がなければそこまで行く前にデートを断られると思うので。
そこまで出来たらキチンと告白してお付き合いしたらいいんじゃないかな?

そっから先は貴方の人間力の問題になると思う。

小手先のテクニックよりちゃんとした人間かどうか。彼女との相性とかが大事になると思うから、幸運を祈るとしか言いようがないけど、お付き合いのとっかかりでミスってせっかくの縁がダメにならないように、ここで書いたことを参考にして貰えたらうれしいです。

SNSでもご購読できます。